療養病棟の看護師の志望動機の書き方は?

療養病棟看護師求人TOP >> FAQ >> 療養病棟の看護師の志望動機の書き方は?

療養病棟の看護師の志望動機の書き方は?

看護師の転職活動においては目指す職場に合わせた志望動機を作ることが大事ですが、療養病棟ともなるととくにその点が大きな意味を持ってきます。看護師の資格を取得している以上、どの職場にも対応できる基本的なスキル・知識を備えていることになりますから、療養病棟の職場環境、看護師に求められる役割などをしっかり理解したうえで、自分との適性や意気込みなどをうまくアピールしていくことが求められます。

療養病棟の看護師の最大の特徴といえるのがコミュニケーション能力が求められる点です。長期間、それこそ1年以上を入院生活を続けている患者さんもいる環境で毎日顔を合わせて看護を行うことになりますから、医療処置や介助といった業務だけに留まらない深い付き合いが求められるようになります。一般病棟に比べて患者さんひとりひとりとの間に信頼関係を築いていく必要があるわけです。志望動機ではこの療養病棟にもっとも重要なポイントをうまく表現してみましょう。「自分は人と接するのが好きで、コミュニケーションを通して患者さんをサポートできるような職場で働きたいと思いました」など、コミュニケーションスキルだけでなく性格面での適性も盛り込んでおくと好印象を与えることができるはずです。

それから実際の業務における一般病棟との違いもしっかり把握していることをアピールすること。単にコミュニケーションスキルが求められるだけでなく、一般病棟に比べて医療措置が非常に少ないのも療養病棟の大きな特徴です。基本的には患者さんの日常生活のケア、介助などがメインの業務となるため、それを自分にとってメリットとして捉えていることをアピールするのです。単に「医療措置が少ないので自分に向いていると思った」「ゆったりとした環境で働きたいと思った」といった内容ではなく、「自分は医療措置よりも患者さんへのきめ細かなケアの方が向いていると思いました」「患者さんと信頼関係を築きながらきめ細かなケアができる環境で働きたいと思いました」といった積極的な意欲を盛り込んでおきたいところです。

あとは療養病棟で長く働く意志があること。そのためにもどうして前の職場から療養病棟へ転職しようと考えたのかをよく検討しておくことも大事です。前の職場の文句や愚痴をこぼすのではなく、どういった点で療養病棟の方が自分に向いていると思ったのか、業務内容の違いと自分との相性なども加えた上でできるだけ詳しく説明していきましょう。あまり長々とした内容にならないよう注意が必要ですが、こうした点を意識して志望動機を作成すれば面接の際によいアピールになるはずです。

療養病棟の看護師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 療養病棟看護師求人ガイド【※療養病棟限定で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.