療養病棟の看護師のやりがいは?

療養病棟看護師求人TOP >> FAQ >> 療養病棟の看護師のやりがいは?

療養病棟の看護師のやりがいは?

療養病棟で働く看護師は一般病棟とは仕事内容の段階でかなり違いが見られるため、やりがいも異なってきます。

最大のやりがいは患者さんとの長期間・継続的なコミュニケーションを通して信頼関係を築いていくことができる点でしょう。一般病棟に比べて患者さんの入院期間が長くなるため、自然と患者さんと看護師の距離が近くなります。また医療行為よりも日々の生活におけるちょっとしたケア、介助の業務の方が多くなる点も患者さんとの距離が近くなる大きな理由です。そのため患者さんひとりひとりと向き合いながら日々業務を行っていくことが可能です。

また、療養病棟で入院生活を送っている患者さんは精神的な支えも必要としています。1年以上の長期にわたって入院生活を送っているケースも少なくありませんし、社会復帰できない苛立ち、思うように体を動かすことができないもどかしさなどから精神的に追い詰められてしまうことも多いため、患者さんはそうした精神面のケアも求められます。自分の殻に閉じ困って周囲に敵対的になってしまっている患者さん、気力を失いかけてなげやりな生活を送ってしまっている患者さん、リハビリを投げ出してしまいそうになっている患者さんに対して時に励まし、時に慰めたりしながら療養生活をよりよい環境へと導いていくのです。こうした努力が報われて患者さんが元気や前向きな気持ちを取り戻した時や、心を開いてくれた時などは「ここで働いてよかった」とやりがいを味わうことができます。

リハビリテーションや緩和ケアでの業務では患者さんの回復に直接関与できるやりがいも得られます。患者さんの苦痛を和らげることで治療が順調に進めていくことができたり、辛いリハビリテーションを通して社会復帰を実現した時は自分が役に立ったのだとの満足感を得られます。それに入院生活が長かっただけに患者さんが退院する際に感謝された時などは日ごろの苦労もいっぺんに吹き飛ぶことでしょう。

こうしたやりがいは一般病棟では味わえないものです。長く入院生活を送っている患者さんを相手にした仕事だからこその醍醐味といえるでしょう。毎日同じ仕事でルーチンワークに陥りやすいとも言われる療養病棟での仕事ですが、実際には患者さんの精神状態やリハビリ環境など日々の生活の中で変化する部分は多々あり、看護師はそれに対応しながら適切な役割を果たしていくことが求められます。そうした先にこれまで取り上げたようなやりがい、喜びを見いだすことができるのです。

療養病棟の看護師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 療養病棟看護師求人ガイド【※療養病棟限定で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.