療養病棟の看護師の仕事内容・役割

療養病棟看護師求人TOP >> FAQ >> 療養病棟の看護師の仕事内容・役割は?

療養病棟の看護師の仕事内容・役割

療養病棟と一般病棟における看護師の就業環境の最大の違いは急性期の患者さんを担当するかどうかです。一般病棟の場合は急患や手術が必要な患者さん、あるいは病状が急速に悪化している患者さんを看護するケースも多いのに対し、療養病棟では急性期を過ぎて症状が比較的安定している患者さんを相手に業務を行います。そのため医療措置よりも患者さんの日々の療養生活におけるケアがメインの仕事となります。

この点療養病棟はどちらかといえば一般病棟よりも介護・福祉関連施設の方が仕事内容が近いともいえるでしょう。病気や怪我を抱えている患者さんを相手にする分、介護・福祉関連施設よりは医療行為を行う機会が多いですが、患者さんの健康管理を対する責任と義務が重くなります。

おもな業務としては日々の健康状態の観察と管理。患者さんは症状が安定しているとはいえ、自宅での生活が難しい状態ですから、健康状態が悪化していないかどうか、どこかに問題が生じていないかどうかをしっかりとチェックしていかなければなりません。体温や脈拍などを調べるバイタルチェックはもちろんですが、とくに重要なのが合併症と感染症の予防・対策です。生活習慣病に代表されるように、免疫力の低下や感染などによって合併症を引き起こす病気・怪我もあります。また他の患者さんから病気が感染してしまうといったリスクも考えなければなりません。長期間にわたって療養生活を送っている患者さんが多い環境だからこそ、日々の生活の中でこうしたリスクが生じてしまわないよう、日ごろからしっかりと管理しておく必要があるのです。患者さんの健康管理はもちろん、施設の衛生状態などに対しても責任を負うことになります。

それからリハビリテーションや緩和ケア。患者さんの苦痛を少しでも軽減するためのケアはもちろん、自宅へ戻る、あるいは社会復帰をするためのリハビリテーションも療養病棟の重要な役割です。看護師は医療行為を通して緩和ケアに携わりつつ、リハビリテーションのサポートも行っていくことになります。このリハビリの介助では患者さんを支えるだけでなく医師や理学療法士といった専門家の補助を担当し、意思疎通がしっかり行われる環境でつねに適切なリハビリ環境が維持できるよう配慮していく役割を担います。

このように、ゆったりとした職場環境のイメージも強い療養病棟の看護師ですが、実際にはかなり幅広い範囲で仕事内容・役割が求められます。体力が必要な面もあるだけに、「仕事が楽そうだから」といった安易な考えでは勤まらない職場といってもよいでしょう。

療養病棟の看護師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 療養病棟看護師求人ガイド【※療養病棟限定で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.